講談社文庫<br> 愛し続けるのは無理である。

個数:1
紙書籍版価格 ¥534
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
愛し続けるのは無理である。

  • 著者名:内館牧子【著】
  • 価格 ¥432(本体¥400)
  • 講談社(2014/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

人生は短い。若い時代はさらに短く、はかない。20代の女たちが、熱く「愛は続くものである」と考えるのは、とても健全だ。しかし、年齢を重ねたその先には「愛し続けるのは無理である」と骨身にしみた男と女の、刺激的で面白く、かつ、なぜか安らぐ関係が築ける機会が訪れる。人気脚本家が愛の真実を描くエッセイ集。(講談社文庫)

目次

1 愛して(熊と闘う男なら 愚痴る男と女の度量 ほか)
2 磨いて(目指すなら、養老院より大学院 非宗教的な現代人 ほか)
3 抗って(オバサン化を防ぐ五つの条件 女がトクか、男がトクか? ほか)
4 怒って(敬意 変えていくべきこと、変えてはいけないこと ほか)
5 泣いて(紙力士 初めての絵 ほか)
6 暮らす(私の週間日記 テレビドラマの会話 ほか)