ウィザードブックシリーズ<br> テイラーの場帳トレーダー入門 - 3日サイクルと「買いの日」「売りの日」「空売りの日

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,080
  • Kinoppy

ウィザードブックシリーズ
テイラーの場帳トレーダー入門 - 3日サイクルと「買いの日」「売りの日」「空売りの日


ファイル: /

内容説明

元祖!場帳トレーダー”マーケットの魔術師”リンダ・ラシュキ激賞!ウィザードたちが競って読み漁った短期売買手法の奥義書3日サイクルの全貌がついに明らかになる!3日サイクルの短期売買手法!伝説の「テイラーの手法」が半世紀以上の時空を超えて日本初上陸!私のトレーディング手法やトレーディング哲学はジョージ・ダグラス・テイラーが考案した短期売買技術を基礎にしたものが多い。そのため私は短期売買の参考書として彼の著書『ザ・テイラー・トレーディング・テクニック』を読むことを多くの人に勧めてきた。まず、第15章の「アドバイス」を2~3回じっくりと読むこと。そうすれば、テイラーの言おうとしている主題を理解するうえで役立つと思う。――”マーケットの魔術師”のリンダ・ブラッドフォード・ラシュキ(『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』の著者)1950年代、シカゴ商品取引所の穀物トレーダーが「場帳による手法(ブックメソッド)」という手引書を出版した。そのトレーダーこそが、本書の著者であり、今や伝説となっているジョージ・ダグラス・テイラー、その人である。テイラーは、穀物市場が3日サイクル(「買いの日」「売りの日」「空売りの日)で動き、そのサイクルは価格の上昇と下落を測定することで追跡可能だという確信を基に、穀物価格の個々の上下動を克明に記録し、その場帳(ブック)を常に持っていた。彼の手法のネーミングはこのブック(場帳)に由来する。穀物価格の上下動を場帳に記入するだけというこの単純な手法が現代の市場でも十分通用することは驚くべきことである。――ジョージ・エンジェル(『ウィニング・イン・ザ・フューチャーズ・マーケット』の著者)ジョージ・D・テイラー(George D. Taylor)1950年代に活躍した穀物を中心とした伝説のフロアトレーダー。リチャード・ワイコフ、ジェシー・リバモアとほぼ同時代に活躍し、場帳によるブックメソッドで当時としては珍しい短期売買を行っていた。「買いの日」「売りの日」「空売りの日」の3日をひとつのサイクルとする「3デイトレーディング手法」を開発した。この手法は、「マーケットの魔術師」のひとりであるリンダ・ブラッドフォード・ラシュキやジョージ・エンジェルなどをはじめ、多くのウィザードやトレーダーに大きな影響を及ぼし、彼らの戦略や戦術の開発に貢献した。

目次

市場のトレンドはこうして作られる
場帳の作成方法
場帳の各列と記号の説明
トレンド指標としての記号―×とレマーク
買いの日
買いの日のローバイオレーションで買う
売りの日
空売りの日
買いの日に前に付けた高値での空売り
直前の高値や安値の突破に失敗する場合
トレンドラインとトレーディング
ストップ安とストップ高
3デイトレーディング手法
スイングトレーダー
アドバイス