数学ガール<br> 数学ガール/フェルマーの最終定理

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

数学ガール
数学ガール/フェルマーの最終定理

  • 著者名:結城浩【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • SBクリエイティブ(2014/03発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784797345261

ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「僕」たちが追い求めた、整数の《ほんとうの姿》とは? 長い黒髪の天才少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、「僕」が今回も大活躍。新たに女子中学生ユーリが登場し、数学と青春の物語が膨らみます。彼らの淡い恋の行方は?
オイラー生誕300年記念として2007年6月に刊行された、数学読み物『数学ガール』の続編です。今回のメインテーマは、「フェルマーの最終定理」。《この証明を書くには、この余白は狭すぎる》という思わせぶりなフェルマーのメモが、数学者たちに最大の謎を投げかけたのは17世紀のこと。誰にでも理解できるのに、350年以上ものあいだ、誰にも解けなかった、この数学史上最大の問題が「フェルマーの最終定理」です。20世紀の最後にワイルズが成し遂げたその証明では、現代までのすべての数学の成果が投入されなければなりませんでした。

本書『数学ガール/フェルマーの最終定理』では、ワイルズが行った証明の意義を理解するため、初等整数論から楕円曲線までの広範囲な題材を軽やかなステップで駆け抜けます。

本書で取り扱う題材は、「ピタゴラスの定理」「素因数分解」「最大公約数」「最小公倍数」「互いに素」といった基本的なものから、「背理法」「公理と定理」「複素平面」「剰余」「群・環・体」「楕円曲線」まで、多岐にわたります。
重層的に入り組んだ物語構造は、どんな理解度の読者でも退屈することはありません。

目次

第1章 無限の宇宙を手に乗せて
第2章 ピタゴラスの定理
第3章 互いに素
第4章 背理法
第5章 砕ける素数
第6章 アーベル群の涙
第7章 ヘアスタイルを法として
第8章 無限降下法
第9章 最も美しい数式
第10章 フェルマーの最終定理

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SOHSA

40
このシリーズは、やはり楽しく難しい。末尾に近づくに連れて、かなり高度な内容になる。しかし、そこに至るまでの導き・手引きが見事なほど巧みであるがために、読み手は知らず知らずのうちに、最後まで誘われてしまう。読後は常に爽快だ。数学という学問の持つ景色を作者は鮮やかに読み手に見せてくれる。2014/07/02

takaC

29
このシリーズは、読み進めるのに時間がかかる。10章は先取りできなかった。まだまだ未熟よの、自分。2011/02/04

すやすや

20
ペンと紙を準備して読み進めた。死ぬまでには概要を理解したいフェルマーの最終定理。群体環の触りも数学から離れている身ではあったけど理解できて嬉しかった。数論が数学の女王と言われる所以が分かった。幾何と代数の世界を行ったりしながら、背理法や無限降下法を使ったロジックで、フェルマーの最終定理までの道筋を数式を使わず示してくれている。道筋→各論の順は理解がすんなり進む。数学は美しいな2021/09/05

おりぜる@論文終わるまで読書可能時間激減

15
数学ガール、第2弾。第1弾を読んでから、かなり経ってしまったが、ようやく読了。代数学の基礎事項とフェルマーの最終定理の証明の概要を解説。証明の論理的な流れは分かったが、楕円曲線や保型形式はさらっとなので、この本だけでは理解しきれなかった。全体の雰囲気は分かったので、あとでもう少し専門寄りの本で勉強したい。物語の方は、主人公の従妹(いとこ)が新キャラとして登場。主人公をお兄ちゃん呼びしたり、語尾ににゃをつけたりと、すごくあざといぞ、この子。でもかわいいからいっか。前巻同様、恋愛小説感は薄い。2017/01/18

太田青磁

15
ピタゴラスの定理からフェルマーの最終定理まで、数学の世界を楽しく案内してもらいました。難しい用語や数式の展開は追いきれない部分も多かったけど、素数、単位円、複素平面、テイラー展開などなんだか美しいなあと感じました。代数・幾何は苦手だったけど、解析と対応して考えるとイメージが沸くのかも。ミルカさんも素敵ですが、テトラちゃん本当にかわいいですね。2011/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。