光文社新書<br> 「生きづらさ」について - 貧困、アイデンティティ、ナショナリズム

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
「生きづらさ」について - 貧困、アイデンティティ、ナショナリズム

  • 著者名:雨宮処凛/萱野稔人
  • 価格 ¥734(本体¥680)
  • 光文社(2013/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

多くの人が「生きづらさ」をかかえて生きている。これは現代に特有のものなのか? 不安定な労働や貧困、人間関係や心の病など、「生きづらさ」を生き抜くヒントを探っていく。

目次

第1章 「生きづらさ」はどこからくるのか?(「生きづらさ」と現代 空気を読んで自殺する ほか)
第2章 貧困とアイデンティティ(いろんな意味で状況が変わってきた 盛り上がるフリーターや反貧困の運動 ほか)
第3章 認められることの困難とナショナリズム(「希望は戦争」論争 格差とルサンチマン ほか)
第4章 「超不安定」時代を生き抜く(二〇〇八年インディーズ系メーデー ニートや引きこもりは労働問題 ほか)