フラワーコミックス<br> 男の子はハチミツ

個数:1
紙書籍版価格 ¥440
  • Kinoppy
  • Reader

フラワーコミックス
男の子はハチミツ

  • 著者名:桜田雛【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 小学館(2013/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091316288

ファイル: /

内容説明

気が合う後輩・茜(あかね)くんの「秘密」を偶然見てしまった実乃子(みのこ)。いつもとは違う茜くんに、実乃子は思わず…!?雛ちゃんが描くちょっぴりオトナな恋物語!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

和夜

11
桜田先生にしては割と普通の少女マンガ。最初の頃の作品だからかな。あんまりドロドロはしてないです。でもそれぞれのヒロインが結構癖あります。『あたしが消えたら』のヒロインはずるいけどそんなところが好きです。男の人でも女の人でもズルイ人って好きです。(見てるだけなら)間に入ってる先生の四コマが好きです。哀愁が漂ってる(笑)2016/06/03

いと

11
『赤い糸の魔法』幼なじみの関係を壊したくないが故に、ずっと光に想いを伝えてこなかった珠樹。珠くんは一見独占欲が強くて恐いと思いがちだけど、実はとてもピュアで可愛い男の子。自転車での彼の赤面がよかった。『揺れる想いは蜜の味』コンプレックスの名前のせいでやさぐれ、喧嘩ばかりだった彼の前に現れた蜜。彼は蜜から今まで得てこなかったものをもらい変わっていく。好きになっていく。他作品も含め、‘‘男子’’を‘‘男の子’’と呼びたくなる色気のある甘いお話でした。2015/05/10

蜜葉

9
男の子が皆色気すごい。ギャップがあってドキドキした。特に幼馴染の子の話は切なくなった。そしてなぜか、工藤新一を思い出す笑。あとは、保健室の先生の病院オチが母親の入院ってのが残念。やっぱり、そこはベタに自分の寿命が残りわずか、ってのがよかった!2014/06/16

じゅんころり

8
表題作の絵が表紙と違いすぎてびっくりしたw元々かなり古い作品なのかな。最後に表題作の番外編ものってたけど最近の絵柄になってたのでキャラが別人wほかの作品は幼馴染のやつが割とよかった。2013/07/24

よつ葉

6
桜田さんの作品が気になりになり始めたこの頃。。。私は病んでるのだろうかと不安になるくらい、桜田さんの作品がお気に入り・・・。2012/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550916

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。