わたしの普段着

個数:1
紙書籍版価格
¥605
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

わたしの普段着

  • 著者名:吉村昭【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2013/05発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101117492

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

かつて電車で目にした、席を譲られた老紳士の優美な仕種。我が家に家出娘を迎えに来た父親が農村の事情を語る言葉の奥深さ。結核による死を覚悟した頃を思えば感じる、今この時に生きる幸せ――。気取らず、気負わず、殊更には憂いを唱えず。いつも心に普段着を着て、本当に知った人生の滋味だけを悠悠閑閑と綴ってゆく。静かなる気骨の人、吉村昭の穏やかな声が聞こえるエッセイ集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じいじ

94
吉村小説との初出会いは、奥様の津村節子さんよりだいぶ遅く、5年前に読んだ『高熱隧道』です。まだ日が浅いのですが、既読の5冊はどれもその迫力に圧倒されました。この度、エッセイを読んで、小説で描いていた彼へのイメージを覆す、ナイーブな吉村さんに出逢いました。「普段着」の吉村さんが書かれたエッセイは、するどい観察眼と思いやりのある優しい人柄が滲み出ていて、とても読み心地が良かったです。2022/09/13

バイクやろうpart2

55
吉村昭さん作品12冊目です。エッセイは2冊目ですが、これまで読んだ作品の生い立ちに触れることが出来て良かったです。『史実をことごとくあさり、その堆積の上で小説を書く』響きます‼︎。これからも読み続けたい作家さんのお一人です。2019/01/27

KAZOO

47
あまりこだわりのないエッセイです。テーマはあるようでない感じになっています。いつも作品関連や歴史のエッセイが多いのですがこの本は様々な領域を含んでいます。確かに表題が合うのかもしれません。さらっと読めてしまう感じがいいと思いました。2014/11/01

mondo

46
吉村昭がどうして、この小説を書こうと思ったのかとか、読者にとって一番知りたいところ。読み終えた小説のあとがきをあらためて、読みながら、回想できる時間でもある吉村昭のエッセイ。決まって、寄席で落語を聞くように、まくらがあって、いつのまにか、話しに引き込まれてしまうところがあって、すぐに読み終えてしまいます。これが癖になるんです。2021/01/29

Shoji

44
いぶし銀のようなエッセイです。取材活動の裏話、戦争の悲哀、ご自身の闘病のお話、ご家族を亡くしたお話など内容は多岐に渡ります。ユーモアかペーソスかと問われれば、ペーソスです。飾り立てることなく、目の当たりにした事実に対して感じたことを淡々と綴っています。氏の小説作りの神髄がそのままエッセイにも表れていると思いました。2022/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/462613
  • ご注意事項