年下の彼を手に入れる方法―実例に見る「年下オトコの落とし方」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,298
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

年下の彼を手に入れる方法―実例に見る「年下オトコの落とし方」

  • 著者名:田中ひろみ
  • 価格 ¥942(本体¥857)
  • マイナビ出版(2008/03発売)
  • 体育の日記念!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/14)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

現在、年下の男性と結婚する女性が増えています。厚生労働省の調査によると、なんと約24%が年下婚。つまり、4人に1人は「姉さん女房」なのです。その理由はというと、男にとっては「尊敬できるほどの人間的魅力」「年下女性の束縛に疲れたが、年上女性は慈愛にみちたやさしさがある」。女性にとっては、「可愛げがあって体力も」「年上男性は上から目線で説教っぽいが、年下男性は癒してくれるし、家事もしてくれる」。本書は実話を元に、どうしたら年下の彼氏ができるのかを探ります。コミカルなイラストも楽しい!

目次

1 彼女が年下男にモテるわけ(年下女の束縛に疲れた年下男は、年上女を求めている!?;年上女性だからこその知識と経験が若い男から求められる!? ほか)
2 私は『コレ』で年下男をオトしました(なかば洗脳ともいえる強引さで押しまくり年下男をコントロール;この女がいないとダメなのだと思わせて自分のペースに巻き込む ほか)
3 年下男のここがいい!(可愛げも体力もある!同世代の男性にはないものを持っている;格好つけることもなく素を見せてくれる、気負いのなさがいい! ほか)
番外編 年上女のここが好き(男を立てられるのは、ある程度の年齢を経た年上女だからできること;男の本能を刺激する!?母のような世話焼きに、思わず甘えてしまう ほか)