知的生きかた文庫<br> 通勤時間「超」活用術 1年で500時間得する! あなたを毎朝、バージョンアップする法

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

知的生きかた文庫
通勤時間「超」活用術 1年で500時間得する! あなたを毎朝、バージョンアップする法

  • 著者名:久恒啓一【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 三笠書房(2012/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

通勤時間の使い方で、一生が決まる――片道1時間として、1年で500時間になる通勤時間。この時間を漫然と過ごすのか、自分を高める時間にするのか。たとえば、「通勤電車の中でシミュレーションをする」。著者は30代の頃から、「一生のスケジュール」を立て、毎年その更新・改良を重ねている……。果たしてその効果とは!本書では、そうした久恒流・成功ツールの実践的な使い方も紹介。やるべきことは、非常にカンタン。ただ、そのノウハウを信じて「継続」していけばいいのです!通勤という“継続の力”を最大限に活用するノウハウと考え方をすべて公開!

目次

1章 通勤電車と成功の不思議な法則―いい仕事・お金・人生が生まれる場所(通勤時間は長いほうがいい―私が発見したかけがえのない時間;一日二時間、一週間で一〇時間―この「積み重ね」はあなどれない! ほか)
2章 劇的に変わる「通勤時間」活用術!―この「選択と集中」が決め手(手帳を最強の武器にする―いかに性能を高めるか;キーワードを拾え―情報を瞬時に取捨選択 ほか)
3章 始業前で、八割決まる―スタートもゴールも早いほうがいい(一週間は一〇日ある―平日は五泊六日、週末は三泊四日;連絡事項は、始業前―後手にまわると作業が二倍 ほか)
4章 時間は「非常識」に考える―成功する人の時間の活かし方(あなたの人生を変える第一歩―ここに気づく人、気づかない人;忙しい、は最悪の言い訳―「朝、仕事が始まるまでの時間」を利用 ほか)
5章 「才能」とは努力を継続できる力である!―目標の立て方・実現の仕方(目標をつねに「意識」する―意識したと同時に、達成したも同然;先を見ながら「いま」行動―遠く(将来)を意識している人は揺るがない ほか)