光文社新書<br> 貧乏するにも程がある - 芸術とお金の“不幸”な関係

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
貧乏するにも程がある - 芸術とお金の“不幸”な関係

  • 著者名:長山靖生
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 光文社(2008/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

自分らしく生きようとすると、必ずぶつかるのが「お金」の問題。さて、いかにしてクリアすべきか。極貧生活を強いられてまでも「パンより文学」を貫いた作家たちに、その術を学ぶ。

目次

序章 「自分らしさ」は悪なのか
第1章 経済格差と「文化」の値打ち
第2章 「文化」は差別的である
第3章 芸術家の貧乏はロマンチックか
第4章 貧乏にも程がある
第5章 作家的貧乏・借金生活の覚悟について
第6章 作家では「食えない」のが本道
第7章 夏目漱石の経済戦略
第8章 交渉する作家たち
終章 マイナスがプラスになる世界