文春文庫<br> 危険な斜面

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
危険な斜面

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥569(本体¥518)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167697129
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

男というものは絶えず急な斜面に立っている。爪を立てて上に登って行くか、下に転落するかだ──。10年ぶりに歌舞伎座で会った女は、豪華な装いで、男の勤める会社の実力派会長の愛人になっていた。彼女を利用して昇進に成功した男は、やがて彼女が邪魔になり……。表題作の他、強盗殺人犯の妻と張り込みの刑事を描く「失敗」、大新聞社の職をやめ、都落ちして勤めた田舎の新聞社で奇妙な事件に出くわす「投影」など、語り口のうまさに思わず唸る、全6篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びす男

72
リアリティを残しながらミステリーをまとめている点では、松本清張はやはり不世出の作家だったと思う。文章もうまいし、ストーリーも「社会」や「世間」というものを知り尽くした作家のそれである。意外な顛末が物語を面白くさせ、しかし、無理がない。一作を読み終えるごとに、そのバランス感覚に驚嘆させられる。個人的には「二階」が面白かった。解説を読んではじめて、その伏線の深さに思い至った。中盤までは普通の不倫話なのに、ラストで一気に物語を冒頭からひっくり返している。もちろん、これは解説の人の慧眼でもある。よく気づいたなと。2015/08/30

ヨーコ・オクダ

32
短編6本収録。どれも少ないページ数の中で読者のドキドキ感を煽りつつ、最後はキレイに着地。うちが1番ドキドキしたのは「二階」。病気で療養中の夫と派出看護婦が居る二階。そこに流れる微妙な空気。妻の心の揺れの描写が絶妙!そのドキドキ感の種明かしも妻が最後にとった行動も、さすが清張センセって感じ。もう1つ「投影」も印象深かった。全国紙の記者から地方紙の記者へと落ちぶれた男がその地方都市の市政の闇を追いながら再生していく話。明るい未来が見える終わり方が珍しい。コレ、長編にしたらアイロニックなラストになってたかも!?2019/08/16

27
面白かったです。松本清張は小説を読むのは多分初めてです。時代の違いは感じましたが、短編なのに重厚さがあって、でも読みやすかったです。「危険な斜面」「投影」が好きでした。人間模様がほろ苦くていいです。長編も読んでみたいです。2016/12/24

mazda

19
松本清張の短編です。読後感は割と淡白ですが、三角関係の行く末をうまく描いていると思います。2017/01/10

うーちゃん

18
少し前に渡部篤郎&長谷川京子でスペシャルドラマ化されていて、それも見ました。舞台が現代に置き換えられていたけど不自然な感じはなくて、そちらも面白かった。「男というものは、絶えず急な斜面に立っている。爪を立てて、上にのぼっていくか、下に転落するかである。」 なるほどね~。でも、昔 関係を持った女が、勤め先の会長の二号さんの座に納まってるのを知った時の心境って、どんなかしら・・(ll゚Д゚ll) ほかに収録されている作品も「二階」を筆頭に、良作ばかり。価値ある短編集でした。2013/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559336

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。