関ヶ原合戦・あの人の「その後」 - 勝った人、負けた人がたどった「意外な運命」

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

関ヶ原合戦・あの人の「その後」 - 勝った人、負けた人がたどった「意外な運命」

  • 著者名:日本博学倶楽部
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • PHP研究所(2011/10発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

天下分け目の関ヶ原――日本を二分した空前絶後の大合戦には数多の武将が関与した。しかし、激戦を生き延びた者たちの「その後」は実に千差万別である。いち早く東軍参加を表明したにもかかわらず、戦後、家康に疎まれて没落した福島正則。一方、西軍に加担したために所領を失い浪人の身にとなりながらも、その後の努力で信頼を回復し、大名に返り咲いた立花宗茂。はたまた、天下取りの野心を捨て去ったかのごとく、グルメ三昧に走って生き残った伊達政宗などもいる。本書では、論功行賞に授かった者、減封・改易に処せられた者はもちろん、寝返り組や各地の緒戦で奮闘した者、東西で袂を分けた親子、さらには舞台裏で戦乱の渦に巻きこまれた女性たちまで、気になる「あの人」の合戦後の人生を紹介する。それぞれの人物が歩んだのは、易き道か、それとも茨の道か? 山あり谷あり大逆転あり……、波瀾万丈の知られざる「ドラマ」に迫る!

目次

序章 関ヶ原合戦 雌雄が決するまでの道のり
第1章 敗軍の将たちの壮絶な「その後」
第2章 明暗が分かれた東軍諸将の「その後」
第3章 裏切り者たちの不遇な「その後」
第4章 親子で袂を分けた武将たちの「その後」
第5章 各地の緒戦で奮闘した男たちの「その後」
第6章 関ヶ原合戦に翻弄された女たちの「その後」