GA文庫<br> 神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

GA文庫
神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと

  • ISBN:9784797342994

ファイル: /

内容説明

浅井ラボ、あざの耕平、神野オキナ、三田誠、4人の個性がぶつかり合う、まったく新しいポリフォニカがついに登場! 年老いた神曲楽士とレンバルトの味わい深い交流を描く―『たとえ時が経とうとも-AsTimeGoesBy-』 名もない殺し屋神曲楽士の悲しい一編―『音色は遠く、耳に届かず』 山で一人生活する辺境治安官のもとに、不思議なお客が現れて―『ワイルドウェスト・いえろー』 アクの強い新進気鋭の神曲楽士が、ふと見かけた上級精霊に契約を求める―『ダン・サリエルと白銀の虎』 イラストレーターも超豪華仕様でお送りするスペシャル版。どうぞお楽しみください! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちー

1
☆2+ 公式同人SSって感じでしょうか。シェアードワールドの醍醐味、各著者の描くポリフォニカワールドが楽しめます。 三田誠のレンバルト話は好きだな、「天才のまがいもの」でも、自分と向き合える姿は凛々しい。浅井ラボは「されど罪人~」も少し読んだけど、グロ注意です。神野オキナは初読。軽い読み口なんだが、ちょっとストーリーについていけなかった。登場人物知ってたらスピンオフ作品として楽しめるのかな。あざの耕平も初読。これは出色。新シリーズ化されたのがわかる面白さ。サリエルはサリエリがモデル?2012/06/13

METHIE

0
神野オキナ先生のファンなので、そういえば彼女は才女だったな。2012/09/23

まこと

0
赤も白もいないけど、作家陣の中の「浅井ラボ」の名前に惹かれた。また、「あざの耕平」はシリーズ化しているようなので、そちらを読むかどうかの試しとしても購入。あざのポリフォニカは、次を読んでみようかな。浅井ポリフォニカは、いかにも浅井ラボだなと思わされた。そして、自分が抱いた感想が「あとがき」に書かれていて思わず苦笑させられた。2011/10/10

0
作者買い。ポリフォニカを知らなくても楽しめた。2011/02/16

こんこん

0
こういうのが見たかったんだよなあ、というシェア・ワールド。しかしラボたんは相変わらずすぎるのであった。素敵。2009/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2399

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。