基礎から学ぶ生産管理システム 製造業SEのための業務知識

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader

基礎から学ぶ生産管理システム 製造業SEのための業務知識

  • 著者名:清水秀樹【著】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 日経BP(2015/04発売)
  • ポイント 22pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822283209

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

製造する製品によって工場における製造業務の形態はさまざま。それぞれの製造パターンに合わせた管理方法を知ることからシステムの構築が始まります。製造業務の基本的な流れを追いながら、個々の工程で使われている概念を解説します。
業務形態に加えて、「指図」「棚減」「棚増」のような製造業独自の用語もしっかり理解していないと、それをシステムに落とし込むことができません。それぞれの概念となぜその概念が使われているのか、というところまで踏み込んで説明します。
多くの工場や生産システムを手掛けた筆者でしか書けない「製造業の基本」をすべて網羅しています。

目次

第1章 製造業SEになるための第一歩
第2章 製造業の基礎知識
第3章 生産管理の基礎知識
第4章 生産管理の主役「生産活動」
第5章 ジャストインタイムが理想の「調達活動」
第6章 生産活動に直接影響を与える「販売活動」
第7章 3つの活動を下支えする「在庫管理活動」
第8章 もうひとつの生産活動「委託生産」
第9章 物づくりに重要な役割を果たす部品表
第10章 活動を支える基準計画と監視・評価
おわりに 製造業SEへのメッセージ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

piro5

1
生産管理の用語や、生産管理のプロセスの捉え方など、基本からどっしりと丁寧に説明してくれて素人の自分には感動的なぐらい勉強になった。2016/06/18

クジラ

1
結構分かりやすく、それなりに網羅性があってよかった。SEはITのことだけを知っていては通用しない時代になり、業務を分かる必要がある。でも、それに適した本がなかなかない。概要が分かり、でも完全初心者、社会人1年目向けでない、しっかりとした本。そういうの、なかなかないんだよね。この本はそのニーズに合っていると思った。2012/07/07

ヨシ

0
用語など参考になりました。2017/05/06

そーだ

0
読みやすく、しかも他の類似本よりも幅広くしっかりと説明があった。満足。2013/10/18

kotarou

0
一変とおりの知識だけでなく、実践的なノウハウ、経験からくるあるべき論がちりばめられているのであろう、、、と初心者でも感じた。早く経験してみたい。最後のSEへのメッセージは心によく刻んでおこうと思った。2013/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/44987

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。