ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,052
  • Kinoppy
  • Reader

ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

約30年前にイギリスの貴族社会を飛び出してきた著者は、今京都・大原の豊かな自然の中にある築100年の古民家に暮らしながら、庭に200種類以上のハーブを育てています。本書は、イギリスでの思い出や大原での田舎暮らしについての話を交えながら、イギリス人の著者が毎日の生活の中で実際に作っているレシピを紹介したビジュアル本。ハーブの料理、コスメ、薬、石けんなど約100点を紹介します。イギリスと日本が融合したような、田舎暮らしの生活も特徴です。

目次

春(3月 植物たちの声に耳を澄ます 4月 ハイティーとロウティー 環境のために私ができること)
夏(6月 虫と共に暮らす 7月 美しくい続ける秘密 我が家に欠かせないハーブの薬)
秋(9月 朽ちかけた農家から始まった手作りライフ 10月 ジャージー島での農場暮らし 不眠を解消するために)
冬(12月 クリスマスの始まり 1月 大原のお年寄りは、日本のハーブの知恵袋 薪の炎は最高の贅沢)