BERET SCIENCE<br> はじめて読む物理学の歴史

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

BERET SCIENCE
はじめて読む物理学の歴史


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

物理学という学問は刹那的で儚いものかもしれません。いま誰もが信じていることが、ある日突然、根底から覆されたり、逆に、信じられないようなことが実験などによって証明されたり・・・。そんな物理学に挑むには、現状に満足しない反骨心とあきらめない気持ちが必要です。常に最前線を追い求める物理学という学問と、それに挑み続けた人々の歴史を読んでいきます。

目次

物理学の歴史―いつ、どこに注目するのか
第1部 ニュートン力学の誕生(通史1・17世紀までのヨーロッパ―自然に関する学問の流れ 通史2・17世紀に起きたこと―ニュートン力学ができるまで ガリレオとその時代 ほか)
第2部 古典物理学の完成(通史・18・19世紀の展開―物理学の誕生 電磁気学 熱力学)
第3部 現代物理学の展開(通史1・現代物理学の誕生 アインシュタイン 通史2・現代物理学の開花 ほか)