アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか - 超大国に力を振るうユダヤ・ロビー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか - 超大国に力を振るうユダヤ・ロビー

  • 著者名:佐藤唯行
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • ダイヤモンド社(2006/11発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

アメリカによるイラク戦争は石油確保のためといわれるが、本当は、イスラエルの安全のための戦争だという。国際世論を敵にまわしてまで、ブッシュを戦争へと導いたユダヤの政治パワーはどのようなものなのか。本書は、これまでタブー視されてきたユダヤ・ロビーとアメリカの外交戦略の関係を、日本で初めて学術的に分析する。

目次

プロローグ ユダヤ系高官とイラク戦争
第1章 最強のユダヤ・ロビー
第2章 ユダヤを思いやる米国議会
第3章 イスラエル=キリスト教右派同盟の誕生
第4章 ユダヤ人議員の実力
第5章 ユダヤ・マネーの仕組み
第6章 大統領とユダヤ人社会1―F.D.ルーズベルトからジョンソン
第7章 大統領とユダヤ人社会2―ニクソンからブッシュ