車掌に裁かれるJR - 事故続発の原因と背景を現役車掌がえぐる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

車掌に裁かれるJR - 事故続発の原因と背景を現役車掌がえぐる

  • 著者名:斎藤典雄
  • 価格 ¥523(本体¥476)
  • アストラ(2006/10発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

『JRの秘密』『車掌の本音』にひきつづき、JRの車掌が全てをさらけ出す日記の第3弾。福知山線事故の車掌はブレーキを使えたか? 1時間で解決できた中央線の遅れが8時間にも及んだ訳、10秒遅刻で1分の賃金カットという厳しい現実、エビぞって起こす自動起床装置などなど……内部にいなければ知り得ることのないJRの事情もろもろを、やわらかなタッチで暴露する。鉄道ファン必読の1冊!

目次

第1章 続発する鉄道の事件・事故を当事者として追及する(05年4月 JR福知山線事故の深層;04年10月 新潟中越地震での上越新幹線脱線 ほか)
第2章 車掌の仕事を何から何まですべて白状(車掌の1日・1周間を大公開;JRに飛び交う謎の業界用語はこれだ ほか)
第3章 事故続発の背景にある労組対立と管理体制(JR総連傘下の東労組と国労の戦い;私がサイテイであり続ける国労の昇進差別 ほか)
第4章 わが国労の分裂と再統一(国労分裂の危機;再生と団結への未来が見えてきた)
第5章 車窓から味わう四季