光文社古典新訳文庫<br> マダム・エドワルダ/目玉の話

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

光文社古典新訳文庫
マダム・エドワルダ/目玉の話


ファイル: /

内容説明

「ある街角で、不安が私に襲いかかった。汚らしく、うっとりするような不安だ」エロスの狂気が神を超える! 戦慄に満ちた娼婦との一夜を描く短編「マダム・エドワルダ」に加え、目玉、玉子など球体への異様な嗜好を持つ少年少女のあからさまな変態行為を描いた「目玉の話」を収録。60年代末の日本文学界を震撼させ、三島由紀夫らも絶賛したバタイユ小説の白眉、スキャンダラスな原作の世界をすみずみまで再現する衝撃の新訳!