文春新書<br> 犬と話をつけるには

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

文春新書
犬と話をつけるには

  • 著者名:多和田悟
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166605088
  • NDC分類:645.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

犬の考えてることが知りたい、「やっちゃいけないこと」を犬に分かってほしい、そんな愛犬家の気持ちに応えます。著者は、盲導犬クイールを育てた訓練士。魔術師のように、犬に話をつけ、動かしますが、仕事を始めた頃は、盲導犬の育て方も確立されておらず、山ほどの失敗を重ねました。犬と人、そして犬ごとの違いを尊重し、犬が人間を尊敬できるよう、「犬語の正しい話し方」を伝授。そして第3章には「我が家の愛犬にはただの親バカ」な著者のたのしい写真日記を収録!

目次

第1章 犬を知るための5つの法則(犬は明日のことを考えない。;犬は後悔しない。;犬は褒められるのが大好きである。 ほか)
第2章 私はなぜ盲導犬を育成するのか―わたしがわたしであり続けるために(勘当される;雨の日に傘を届けたい;「美人は私の中にある」 ほか)
第3章 犬と毎日をどう過ごすか―我が家の場合 バーティー日記(妻との約束;そこに在るもの;BOB ほか)