創元推理文庫<br> 夏期限定トロピカルパフェ事件

個数:1
紙書籍版価格
¥660
  • 電子書籍
  • Reader

創元推理文庫
夏期限定トロピカルパフェ事件

  • 著者名:米澤穂信【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 東京創元社(2015/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488451028

ファイル: /

内容説明

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。さかしらに探偵役を務めるなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を! 恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある小鳩君と小佐内さんは、今日も二人で清く慎ましい小市民を目指す。そんな彼らの、この夏の運命を左右するのは〈小佐内スイーツセレクション・夏〉――? 大好評『春期限定いちごタルト事件』に続く待望のシリーズ第2弾、いよいよ登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

めろんラブ 

483
『春期』から1年と少し。高2になった狐と狼は「小市民」に近づけたのかなぁ、と親戚の子の成長を楽しみにするようなくすぐったいワクワク感を持ちつつ読み始めて・・何か不穏な空気。そして緊張の展開。前作よりグレードアップしている本格感に驚き。<小佐内スイーツコレクション・夏>に列挙された数々の甘味。ただ美味しいだけじゃない苦味を伴うコレクション。小佐内さん、私は何だか哀しいよ。小鳩君、トロピカルパフェの甘さが苦さに変わってしまったね。切な過ぎるし気になり過ぎる読後。互恵関係や如何に?すぐさま『秋期』へ!2010/02/14

佐々陽太朗(K.Tsubota)

479
思えば私が米澤穂信氏と出会った作品は本書第一章「シャルロットだけはぼくのもの」であった。『きみが見つける物語 十代のための新名作 休日編』(角川文庫)にこの一編が収められていたのだ。秀逸な作品で私のお気に入りである。それにしても小学生のような背丈、ボブカットに童顔の女子高生、その名も小佐内ゆきは怖いぞ。好物の甘いものは二番目で、一番目は「復讐」だと。私がまだ女という生き物にあこがれと幻想を抱いていた23歳の頃、「Tさん(私のこと)、女って怖いのよ」とそっと囁いたY子さんの言葉を思い出す。2012/10/22

まりも

437
小市民シリーズの第二弾。夏休み、小市民を目指す小鳩君は小佐内さんに付き合って〈小佐内スイーツセレクション・夏〉を巡る事になる話。小佐内さんが実はどんな人なのかは前回である程度分かっていたので、ゆるーく始まっても一筋縄では終わらないんだろうなと思っていたけど迎えた結末はまさか過ぎてびっくり。表向きは無害な小市民を目指しながらも、実は一癖も二癖もある二人が出した結論はらしいと言えばそうだけど、二人とも頭の中で考えすぎな気もしました。互恵関係を解消した二人はどうなるのか。次巻も楽しみです。2015/04/05

kishikan

425
小市民シリーズの2作目は、高2の夏休みに起きた事件。それも当事者は小佐内さんと小鳩君。今回はタイトルのトロピカルカフェを始めスウィーツもてんこ盛りだけど、それがちょっとした布石にもなっているミステリ。事件の謎解きも面白いけど、「春期・・・」の時に気になっていた、小佐内さんの謎がキーになっています。ただし、その全容は・・・・・やっぱり明かされませんでした。それに小鳩君と彼女の関係も一定の区切りがきて。ああどうなってしまうのだろうと、フラストレーションがたまる。でも、小佐内さんのお母さんの登場で一つ謎は解明。2013/01/22

射手座の天使あきちゃん

416
出だし「シャルロット・・・」で、いい感じに小佐内さんの術中にハマッた小鳩君、ニマニマしながら読み進めたら んー、雲行き怪しい ちょっと展開ヤバくない? えっ、どうなるの小市民虎狼コンビは!? って、まんまと米澤さんの罠に落ちて秋期限定も読みまーすぅ(笑)2010/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580072
  • ご注意事項