ホラーM<br> 聖ロザリンド

個数:1
紙書籍版価格 ¥817
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ホラーM
聖ロザリンド

  • 著者名:わたなべまさこ【著作】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • ぶんか社(2013/06発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784821182367

ファイル: /

内容説明

金色の髪、ばら色のほほ、天使のような微笑のロザリンドお嬢様が何十人もの人を殺した殺人鬼だなどと・・・ おお神よ、あわれみたまえ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shizuka_電気うさぎ

5
ホラーの金字塔。今読んでも全く色褪せた感じはないので是非たくさんの方に読んでもらいたい。「わたしのマーガレット展」を観に行き、その勢いで懐かしくてkindle版で即買い即読み。昔読んだのは前半が省略された総集編だったので、今にしてようやく完全版を読めた。大満足。2016/01/10

florine

4
「私のマーガレット展」が縁で『ガラスの城』を電子書籍で読み、更にこれを買ったらしいがすっかり忘れていた。当時のマーガレットでは刺激が強すぎるという事で連載が実現せず、たまたま声がかかっていた週刊フレンドで連載されたそうな。幻の前半が収録されている文庫版を読めてよかった。『ガラスの城』のイサドラに負けず劣らず悪魔のように可愛いヒロインでありました。2017/06/11

にゃん

2
昨日エスターというDVDを見て、思い出しました!めちゃくちゃ怖かったですよね、このマンガ。2010/12/13

pako

0
この子流れるように殺人を犯して行く...。少女漫画版オーメン2017/03/05

しーな

0
連続殺人ものではやはりトップクラスに怖い。無邪気なようでいて楽しんでそうな部分もあり、子どもの残酷さと賢さ。創意工夫もすごかったり。チケットの子殺人なんて鮮やかすぎる。これだけじかんがたって、話がわかっててもこわいし、ラストシーンは泣ける。2016/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/331306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。