はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

  • ISBN:9784822282516

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

最少のテストケースで最大の効果をあげるためのツールを満載した、小さいけれどすごい本。同値クラステスト、境界値テスト、デシジョンテーブルテスト、直交表と全ペア技法、状態遷移テスト、ドメイン分析テスト、ユースケーステスト、制御フローテスト、データフローテストなど、テスト技法の必須項目を全て1冊に集約しています。平易で実践的な例題を使い、手順を1つ1つ追って説明しているので、新人プログラマや初級のテスト担当者のレベルアップに最適。もちろん、「いまさら人に聞けない」ベテラン技術者にもぜひお勧めです。

目次

テストのプロセス
ケーススタディの説明
1 ブラックボックステスト技法
2 ホワイトボックステスト技法
3 テストのパラダイム
4 支援技法
5 最後の考察事項

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

reduce

5
「たった今、自分の時間を使ってできることの中で何が一番大切か」。いい言葉だな。損失を小さく見積もっているのならテストにかけるコストが低くなるのも仕方なし。当たり前のことが当たり前に書かれている感じ。魔法のようなことは何もない。テストに対する考え方が誠実に紹介されている。突っ込みどころが見つからなかった。本の内容もテストされているのか。一部のテスト技法、パラダイム以外は基本情報技術者試験でカバーされていたような気がする(用語などは異なるが)。2019/04/15

holo

2
内容は参考になったが、文章が冗長。2018/12/13

pragma

2
古典書であるボーリス バイザー氏の『実践的プログラムテスト入門』 『ソフトウェアテスト技法』は、いきなり読むと難しいと感じたり、 入門者向けの高橋 寿一氏の『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト 【改訂版】』 では、簡単すぎると思った方にはピッタリだと思います。 一番理解できたことは、Allpairsなど直交表を用いて戦略的にテスト設計すると、 少ないテストケース数でカバレッジを大きくできることです。 また、このときのテストケース数はMcCabeのサイクロマチック数と関係です。2014/08/07

Kazuyuki Koishikawa

2
どうやって実務に適用しようかと悩む。2011/12/04

qiujian8

2
探索的テストの考え方は参考にしたい。2010/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/137939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。