文春文庫<br> リクルートという奇跡

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
リクルートという奇跡

  • 著者名:藤原和博(著述家)
  • 価格 ¥559(本体¥509)
  • 文藝春秋(2014/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167679545

ファイル: /

内容説明

2014年10月、東証一部に新規上場し、時価総額2兆円の企業となったリクルート。1980年代以降の情報誌文化を創出し、時代の先端を走り続けてきた同社は、なぜユニークな人材を次々と輩出できたのか。リクルート事件やダイエーによる買収など、幾多の危機をどう乗り越えたのか。同社幹部としてそのすべてを見届けた著者が明かす“奇跡の企業”の秘密。サラリーマンの教科書ともいうべき名著が電子書籍で復活!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゐづる

21
リクルートとはいかなる会社なのか、さる事情により知らなければいけなかったので手に取りました。江副浩正さんの「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」に尽きるリクルートの社風。それによって形づくられたリクルートマンシップ。あの有名なリクルート事件やダイエーによる買収劇の内幕など、一寸ハラハラしますが、リクルートの社風はビクともしなかったところを見ると、それが最大の資産であると認められたということですね。筆者がリクルートで活躍した時期が、今の私ぐらいの年齢ということで、若干凹みました。2015/04/26

ザビ

8
INS事業(インターネット回線リセール)の失敗はかなり貴重な内容。リクルート社はこの新事業を通してコモンキャリア(今のソフトバンクのような)を目指したが、政財界の圧力や会社のノウハウ不足から頓挫。失敗が見えていながら撤退まで10年以上要したのは、莫大な人と予算を投下したから退くにひけなかった、らしい。江副さんも「IT技術が紙媒体にとって変わることの危機感」があったと別著で述べている。世の中に役に立つ理念よりも、会社の影響力を高めようと目的ありきになったのが、大きな経営判断を鈍らせた要因のように感じた。2021/04/26

Hiro

4
リクルートの黄金時代を駆け抜けた著者によるアツい記録。世の中で行動を起こし続ける著者の生き様も伝わってくる。ただ、不正義を犯した江副氏事件よりも、経営権がダイエーに移ったことに猛反発して断固自治的要求をする姿とか、社員の身にして株主総会で社長を糾弾するのとか、違和感を持ったのは自分だけだろうか?そもそも戦うのそこか?みたいな。2021/12/23

しゅうと

3
再読。藤原氏から見たリクルート。2021/02/17

なお

3
第2章を読むと元気になる。2015/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。