祥伝社文庫<br> 鬼女の都

個数:1
紙書籍版価格 ¥754
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社文庫
鬼女の都

  • 著者名:菅浩江
  • 価格 ¥754(本体¥686)
  • 祥伝社(2014/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396332457

ファイル: /

内容説明

「あさましい鬼がいてるのン」京都もので人気の女流作家が謎の言葉を残し、自殺。生前から、そして彼女の死後も呪詛をこめた手紙を送り続ける“ミヤコ”、その正体と意図は何か?真相を追う女子大生の眼前で連続する怪事件…。「幻想」と「論理」という対極の方法論を融合した本格推理の醍醐味!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Miyako Hongo

6
他人様に紹介するついでに再読。同人女インナーサークル内の自殺沙汰に絡んだミステリー。□昨今のなろう系の“判るヤツだけ判れ”的な割り切りに辟易していた身としては、プロの仕事はやっぱり違うと納得する。一般人である読者に対してきちんと説明する姿勢が一貫している。そのための道具立てもきっちり整えられていて、これがプロって事だと納得。□同人諸嬢におかれましては、自分の活動内容を説明する資料として相手方様に渡されるのがよろしいかと。2021/03/10

込宮宴

2
冒頭からまるで呪詛の如く繰り返される、京都というキーワード 正直、拭いされない違和感に耐えながら読み進んでいたが… その違和感や座りの悪さそのものが、作者の仕掛けだったとは…2015/06/03

なのは

2
自分が型にはめられるのは嫌がるくせに、花奈女を京都を型にはめようとする優希の傲慢さが気になって読み通すのがしんどかった。自分の偶像崇拝が叩き壊されたわけだから、優希にはもっと葛藤があっていい。古都とステレオタイプに関しては、面白く読めたけどミステリーとしてはうーん…どうだろう?2014/12/26

しき

2
初読は新書版だけど、文庫で再読。あらためて年月をおいて読んで見たら、初読の時に見えなかったものがいろいろ見えてきて、京都で生まれ育って、外の土地も見てきたものとしてはいろいろ感慨深いものがあった。ミステリとしてはちょっと弱いかなとは思うけれど、「京都」という街を、観光するだけでは味わえない奥深さを、知ることができる物語だと思う。出来れば杳臣さんが探偵な作品を、もっと読んでみたかったなぁとは思った。2014/03/26

冬薔薇

2
読んだことをすっかり忘れていて、面白く一気読みできた。能に見立てた構成も、キャラクター、京都の描写、ストーリー展開もとても良かった。殺人事件か否か、推理する楽しみも味わえ、三味線探偵は良いキャラクターだった。都に流れる時の業の罪。人は思い出で生きられる。2011/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/425268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。