チェンジメーカー 社会起業家が世の中を変える

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

チェンジメーカー 社会起業家が世の中を変える

  • 著者名:渡邊奈々【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 日経BP(2015/03発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822244644

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

社会起業家とは、ソーシャル・ベンチャーと呼ばれる新しいタイプの社会事業やNPO、NGOを立ち上げた人のこと。著名な写真家である著者・渡邊奈々さんは、本気で世の中を変えようとしているユニークな社会起業家たちと出会い、インタビューを重ね、1冊の本にまとめ上げました。

本書に登場する人々のアイデアと熱い思いが、インタビューに添えられた美しい肖像写真とともに静かな感動を与えてくれます。日本ではあまり知られていない世界的な非営利団体の活動を紹介する貴重な情報源でもあり、NPOやNGOに興味のあるすべての方におすすめしたい新しい仕事の本です。解説は、金子郁容慶應義塾大学教授。

目次

ソーシャル・アントレプレナーの父―アショカ財団/ビル・ドレイトン
新興市場国を元気づける“中小企業診断士”―エンデヴァー/リンダ・ロッテンバーグ
ソーシャル・ベンチャーのインキュベーター―アキュメン・ファンド/ジャクリーン・ノヴォグラッツ
日本版社会責任投資の伝道者―インテグレックス/秋山をね
ホームレス専門の敏腕・住宅再生デベロッパー―コモン・グラウンド・コミュニティ/ロザンヌ・ハガティ
難民住宅問題の解決策を募る建築展主宰者―アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティ/キャメロン・シンクレア
貧者を救う格安医療事業プランナー―プロジェクト・インパクト/デビッド・グリーン
紛争・危険地帯の赤ひげ先生たち―国境なき医師団/アン・フシャール
市民のためのメディア仕掛人―インターニューズ/アネット・マキノ
報道を規制する国々の見張り番―国境なき記者団/ロベール・メナール
どん底のエイズ患者を支えるアートセラピスト―ハウジング・ワークス/原田真樹子
世界最大のフェアトレード認証機関のマーケター―マックスハベラー/ブレヒア・ヴェルマン
紛争国家を和解に導くシナリオライター―暫定司法国際センター/アレックス・ボレイン
敵対民族の子供を集めた交流キャンプのディレクター―シーズ・オブ・ピース/エヴァ・ゴードン
世界中の人権侵害を暴くメディアプロデューサー―ヒューマン・ライツ・ウォッチ/サマン・ジアザルフィ
子供たちの転落を防ぐ人権派弁護士―青少年のための法律センター/ニナ・チャーノフ
小児病院に笑いと希望を運ぶピエロたち―ソッコルソ・クラウン/ユリ・オルシャンスキー、ジョバンナ・ペッズーロ
不登校児向け単位認定型フリースクール校長―スマイルファクトリー/白井智子

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

18
 様々なジャンルの社会起業家のエピソード集。アイデアとガッツと、勿論財務管理能力があれば誰だって世界を変えれるのかも(簡単にまとめてスイマセン)。縁というか、思い付きから人生大転換することって実際ありますしね。2021/07/07

パスフィ

9
意志と情熱の強さ。人間としてあこがれる。2016/02/27

Miyoshi Hirotaka

9
私が所属する少林寺拳法だけでなく、各武道が人材育成を謳う。ビジネススクールでは、起業や組織改革に必要なスキル習得を掲げる。それらの行く先は、カッコ良くて素敵なまぶしいばかりの成功物語だけではないはずだ。そういう目標とは異質の生きがいとかやりがいを人生に見出したいという欲求に素直に従う人もいる。これは、世の中を勝ちと負けに二分するような単純なものの見方からは出てこない。自分を鍛え、生かし、人を認めるという多様性の中から生まれてくる。社会の諸問題にはマネジメントのスキルと理想郷建設という理念の両輪が必要だ。2012/12/08

おおたん

7
知らない世界が現実としてあることを教えてもらった本です。ボランティアという知識と経験は多少なりともありましたが、もっと大きな活動として普段の社会に「疑問」に気づき、社会的なミッション「ソーシャル」を「生きがい、やりがい」と感じ、活動されている方々いることを知る事ができました。何かのキッカケになる本だと思います。若い世代にもぜひ読んでもらいたいと感じます。自分自身も何か行き詰まった時などに読み返したいと思う本です。2020/04/15

リョウ

7
ボランティアや寄付は完全な善意によって成り立っており、それを行う側の経済的、社会的状況によって容易に継続性が失われてしまう。これに対し、同じことをビジネスとして成り立つような仕組みを作れば、提供する側も資金稼ぎのための他の業務を行う必要がなくなるし、継続性も保たれる。社会起業家として行う最大の意義はこの点にあると思う。何よりも、社会のために何ができるかと考えてこのような事業を興す人々の熱意が頼もしい。2017/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526045

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。