サイエンスシアターシリーズ<br> コマの力学 - 回転運動と慣性

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

サイエンスシアターシリーズ
コマの力学 - 回転運動と慣性

  • 著者名:板倉聖宣/湯沢光男
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 仮説社(2005/08発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773501889
  • NDC分類:423

ファイル: /

内容説明

私たちのまわりの機械その他の運動は,大部分の運動が回転運動です。コマの運動がわかると,多くの機械やオモチャの動く原理もわかってきます。これまでに書かれた「コマの原理」の話は,とても難しく,たいていの人がついていけないものばかりでした。でも,この本なら大丈夫。いろんな形や重さのコマを作って,実験しながらその原理を探っていきます。

サイエンスシアターシリーズって?
「芸術やスポーツを楽しむように科学を楽しもう!」と1994年から1999年,東京・早稲田大学の国際ホールを会場に行われ,大好評だった「サイエンスシアター」。その公演内容が本になりました。

★★ もくじ ★★
第1幕 回転力=トルクと重心
実用的な運動はたいてい回転運動/回転と力/バットの回しっこ/トルクという言葉/ニンジンを重心で切る/ドアの押しっこ
第2幕 コマで遊ぼう
いろいろなコマで遊ぼう/〈ひねりゴマ〉と〈もみゴマ〉/ヒモで回すゴマ/〈ヒモ巻きゴマ〉=〈投げゴマ〉/ベイゴマの遊びかた/バネ仕掛けで回すコマ/ゼンマイ仕掛けで動くオモチャの自動車/二段ゴマと逆立ちゴマ,地球ゴマ/バネもない,心棒もないコマ/おもしろい仕掛けのついたコマ/日本人は世界一コマ好き?
第3幕 コマを作る-コマと重心
かわいい(ドングリのコマ)の性能は?/タテ長のコマと平べったいコマ/円板の高さの問題/回転する軸の位置の問題/コマの軸を重心に合わせる/円形でないコマ/不思議なボール=(へんしんボール)/回転する機械のガタつきの原因/自動車のタイヤもバランスが大切
第4幕 コマの慣性-はずみ車の科学
コマの重さと位置/よく飛ぶ紙トンボのくふう
塩野式・新型紙トンボの作り方/オモチャのオートバイの動く仕組み/〈はずみ車〉の役目/水の入ったバケツを垂直に回転させる実験/ホースから飛び出た水流は頭の真上に来ても,そのまま通りすぎる/コマはなかなか倒れない/自転車はなぜ倒れないか
力学に関する発明発見とその教育の歴史年表
〈力積〉概念の発見と運動の力学の教育改革……あとがきにかえて
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

第1幕 回転力=トルクと重心
第2幕 コマで遊ぼう
第3幕 コマを作る―コマと重心
第4幕 コマの慣性―はずみ車の科学
力学に関する発明発見とその教育の歴史年表
“力積”概念の発見と運動の力学の教育改革―あとがきにかえて