中谷彰宏の「言葉のプレゼント」シリーズ〈7〉<br> 直球ですが、好きです。

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,028
  • Kinoppy
  • Reader

中谷彰宏の「言葉のプレゼント」シリーズ〈7〉
直球ですが、好きです。

  • 著者名:中谷彰宏
  • 価格 ¥702(本体¥650)
  • ゴマブックス(2005/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

くよくよして諦めることはないよ。ギャップをうまく利用すればいい。それを好きな人だけに見せると、君自身もラクになる。自分にもチャンスがあると自信を持とう!中谷彰宏が贈る言葉のプレゼント。<プロローグ>みんながモテるチャンスがある。次回の待ち合わせは、この後、出口。手の届かない人とつきあおうとしていると、フェロモンが出る。恋愛は、トライのスポーツ。あなたとだったら、どこでも行きたい。相手がいい男なら、直球勝負でゲット。気どってると、カッコイイ男とはつきあえない。勝負は、今日。一緒の時、楽しい人は、別々の時も楽しい。いつか孫に自慢するの。「おばあちゃんはこんないい男に愛された」って。

目次

プロローグ みんながモテるチャンスがある。
次回の待ち合わせは、この後、出口。
手の届かない人とつきあおうとしていると、フェロモンが出る。
恋愛は、トライのスポーツ。
あなたとだったら、どこでも行きたい。
相手がいい男なら、直球勝負でゲット。
気どってると、カッコイイ男とはつきあえない。
勝負は、今日。
一緒の時、楽しい人は、別々の時も楽しい。
いつか孫に自慢するの。「おばあちゃんはこんないい男に愛された」って。〔ほか〕