継続する植民地主義 ジェンダー/民族/人種/階級

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,740
  • Kinoppy
  • Reader

継続する植民地主義 ジェンダー/民族/人種/階級

  • ISBN:9784787232403

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

総力戦体制の戦後への連続と再編──。「動員」「分断」「ジェンダー」「民族」などの視角から、戦中から戦後までを貫く東アジアの植民地主義と総動員体制の変容を見定め、輻輳した「戦後」という時空間を解きほぐす。戦後責任に正面から応答する試み。

目次

1 東アジアの「戦後」を問う(東アジアで「戦後」を問うこと―植民地主義の継続を把捉する問題構成とは)
2 分断の原史(占領支配の構造とその変容 顕現する「国境」―沖縄与那国島の密貿易終息の背景 ほか)
3 「戦後」を構成する暴力
4 植民地主義の継続とジェンダー(植民地期・解放直後の朝鮮における公娼認識―女性の身体をめぐるナショナリズムとジェンダー 基地村の発生と展開―ユングミ事件が突きつけること ほか)
5 戦後理解と植民地主義(植民地支配責任を定立するために 戦後詩と戦後歴史学―一九五〇年代の叙事詩的渇望の史学史的文脈 ほか)