サイエンスシアターシリーズ<br> 吹き矢の力学 - ものを動かす力と時間

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

サイエンスシアターシリーズ
吹き矢の力学 - ものを動かす力と時間

  • 著者名:板倉聖宣/塩野広次
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 仮説社(2005/01発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773501827
  • NDC分類:423

ファイル: /

内容説明

この本は世界で初めての〈吹き矢の力学〉の本です。〈吹き矢〉といっても,ストローとマッチ棒を使った,とても簡単な吹き矢です。この吹き矢を使った実験で,力学の原理がびっくりするほどよくわかります。この〈吹き矢の力学〉がわかると,落下運動の法則も理解できるのです。また竹トンボなどをうまく飛ばすコツもわかります。
★★ もくじ ★★
第1幕 ものを動かす力とまさつ力
〈木のきれはし〉を横に引っ張って動かす/ザラザラした面の上で横に引っ張ると/〈まさつ力〉という言葉/重いものを吊り下げて横に動かすのに必要な力/釣鐘を動かす力/まさつ力を小さくする方法/コラム コロのはなし
第2幕 ストローとマッチ棒の吹き矢 
ストローとマッチ棒の吹き矢/ストローの先端と手前にマッチ棒を入れたら/ストロー〈1本〉対〈2本〉/〈1本〉対〈2本〉,手前に入れて吹いたら/長い吹き矢・短い吹き矢/ストローが長くなるとどのくらい速くなるか/押して押して押して……だんだん速くなる/付録〈筒の長さ〉と〈矢の速さ〉との関係
第3幕 〈吹き矢の力学〉と落下運動
ストロー8本の長~い吹き矢/乗用車を押して動かす実験/ピンポン球とゴルフボールの落下速度/ピンポン玉とゴルフボールを3階から落としてみる/雨粒の落ちる速度
第4幕 実用的な吹き矢……吹き矢の歴史
マレーシアの先住民の吹き矢による狩り/日本で実用にされた〈吹き矢〉/江戸時代から流行した吹き矢遊び/〈スポーツ吹き矢〉/ヨーロッパには吹き矢がなかった?
第5幕 ものをうまく動かす方法
ものをうまく動かすコツ/考え方,生き方だって,真似をしてうまくなる/技術と技能/ものを遠くまで飛ばす〈技術〉/ものを遠くまで飛ばす〈技能〉/〈技術〉と〈技能〉は転移する/〈竹トンボ〉と〈紙トンボ〉/紙トンボの作り方と飛ばし方/コラム 〈びん詰めのフタ〉を開けるコツ
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

第1幕 ものを動かす力とまさつ力(“木のきれはし”を横に引っ張って動かす ザラザラした面の上で横に引っ張ると ほか)
第2幕 ストローとマッチ棒の吹き矢(ストローとマッチ棒の吹き矢 ストローの先端と手前にマッチ棒を入れたら ほか)
第3幕 “吹き矢の力学”と落下運動(ストロー8本の長ーい吹き矢 乗用車を押して動かす実験 ほか)
第4幕 実用的な吹き矢―吹き矢の歴史(マレーシアの先住民の吹き矢による狩り 日本で実用にされた“吹き矢” ほか)
第5幕 ものをうまく動かす方法(ものをうまく動かすコツ 考え方、生き方だって、真似をしてうまくなる ほか)