角川文庫<br> 世界が完全に思考停止する前に

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
世界が完全に思考停止する前に

  • 著者名:森達也
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • KADOKAWA(2013/09発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048839006

ファイル: /

内容説明

時代は急速に転換している。
思い出して欲しい。
たとえば八年前、武装した日本の自衛隊が海外で米軍の武力侵攻への支援活動を行うことなど、誰が想像できただろう。
学校で国歌斉唱の際に起立しなかった教職員が大量に処罰され、公園のトイレに「戦争反対」の落書きを書いたら、建造物損壊で有罪になる社会が現出することなど、いったい誰が予想できただろう。
「でも別に俺が言わなくても、誰かがなにかがやってくれるはず」…もう、そんな世の中じゃないんじゃないか。

目次

世界は今、僕らの同意のもとにある。(作られる聖域 戦争は嫌だという「感情」 ほか)
いつになったら、日本は大人になるんだろう。(タマちゃんを食べる会 で、何だったんだろう、あの牛丼騒ぎって。 ほか)
メディアは、どこまで無自覚に報道し続けるのだろう。(メディア訴訟は黒星続き 消された五分間 ほか)
二十一世紀のメディアを生きる人々(戦場のフォトグラファー 精神科救急研修医。 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

秋 眉雄

10
『遺族を主語にするのではなく、あなたの感想をまずは聞きたい』森達也は不思議な人ですね。 つかみ所が有りそうで無い、無さそうで有る。対象に対する切り口もグッと掴んで離さないのではなく、 離れていくものは離れていくものとして語る。そもそもグッと掴んでいるようでもない。 クラスに一人ではなく、学校に一人くらい絶対に必要な人って感じがします。 この本は、というよりこの本『も』、メディアの無自覚さを書いた一冊でした。 2017/08/08

なめこ

3
すべてに同意するわけじゃないが、うなづくことの多い本。いろいろな媒体に発表されたりお蔵入りになったりした文章が寄せ集まっていて、一冊の本として何かしら主旨のあるものではない。森達也という人の姿勢が見える。『エスパー』を読んだことがあったので、内容を思い出したりもした。相手の身になって考えろ、という自身の考えの押しつけ、過剰な善意と一方向からのヒューマニズム、メディアの萎縮と自粛と不正確な批判は、10年たった今もあふれていますね。2015/05/09

nabebe

2
主語を失った善意や優しさで述語が暴走する、メデイアの恣意的な報道により作られる世界(曖昧さが許されない故に、、)、善悪二元論で語れない世界。そんなことが中心に書いてあった。沖縄戦で日本兵も日本人を虐殺していたこと、ちびくろサンボが物議を醸していたこと、メデイアにより印象操作された麻原の裁判などの話なども記憶に残った。この本が書かれたのは2006年くらい?森は2020の日本をどうみているのだろうか。2020/07/11

生活相談屋

2
森さんは完全に僕と同じスタンスでものごとを考えている人だ(上から目線でスミマセン)。だからこの人の書いた本のなかに自分の知らないことが書いてあればそれはそのままその問題について自分がどう考えるべきか、という問いの答えになる。ある意味自分で考えることをはしょれるのでズルしてるようなものだ。大胆なことを言わせてもらうと、今メディアで一番信用できる人である(上から目線)。2014/10/04

annie

1
賛同できる部分と、賛同できない部分がそれぞれあった。メディアの視点を自分の視点だと勘違いして、思考停止する人は多いと思う。一人称の主語を失った善意や優しさにはっきりと対決していきたい。2010/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561181

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。