中公文庫<br> 別れの後の静かな午後

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
別れの後の静かな午後

  • 著者名:大崎善生【著】
  • 価格 ¥565(本体¥514)
  • 中央公論新社(2012/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784120035777

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

それは僕に必要な静かな午後だった。風も波もない、まったく平静な宇宙空間にいるような時間が――恋人との別れから三年後、一本の電話が僕を直撃した。胸の痛みを抱えながらも、やがて心の奥底が暖かくなる時間が訪れる(表題作)。別れとはじまり、生きることの希望を描いた珠玉の短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつひめ

30
大崎さん初読み。流れに抗う事の無い、時にはその流れが早すぎて流されてしまうような生き方をする主人公達を描くのが得意なのかしら?どさんこ作家さんなので、すごく興味が湧いてくる。サッポロの光がやはり地元ネタだし空気を感じる事ができるから気に入りました。登場人物たちが何かしら北海道と繋がっているところが故郷を気遣いながら?作品を書いているように思えて好感度アップ。続けて大崎ワールドに溺れてみようと思います。2011/02/18

風人

16
初読み作家さん。北海道出身だったんですね。少し重く、静かで淡々とした恋愛短編集。どの作品も読了後に余韻が残った、気持ち次第ではどんより感もあるかもね2019/05/07

ねころじ

10
ひんやりみずみずしくて、化粧水後の肌のような読書感。 展開が読めなくてはらはらするからずるい。2018/02/07

スノーシェルター

9
友人、恋人、家族、別れの形はそれぞれ。同じものなどひとつもないだろう。切なくもなったけれど、別れについて考えながら読めた。良くても悪くても、別れに慣れることはないし、別れは嫌い。2012/02/29

mari

8
ほろ苦い恋愛短編集。静かで淡々としているけど重い感じ。2017/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/480305

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。