中公文庫<br> 這えば立て

個数:1
紙書籍版価格 ¥838
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
這えば立て

  • 著者名:金子光晴【著】
  • 価格 ¥838(本体¥762)
  • 中央公論新社(2011/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

あてにならない人生であるから、この舟がてんぷくすることばかりを心配していてもはじまるまい――明治・大正・昭和を駆け抜けた反骨の詩人・金子光晴。その滋味溢れる洒脱な文章は、今もなお色あせることがない。「幼時からこの間のこと」を綴った表題作を中心に、晩年の筆になる随筆を収録。

目次

這えば立て
良妻・悪妻・いま病妻
うちの彼女に
この頃のこと
名前のことなど
何と昭和も五十年
スプーンを指で曲げる話
きのうきょう
ピカソの死
高山ゆき〔ほか〕