ハーレクイン<br> 彼はプレイボーイ

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
彼はプレイボーイ

  • ISBN:9784596119667

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ルーシーは、バカンスに出かけた姉のフラットで留守番をしていた。玄関の呼び鈴が鳴り、いぶかりながら出てみると、立っていたのははっとするほどセクシーな男性だ。「ミス・フォスターだね?」返事も聞かずに部屋に押し入ると、男は振り向きざま、ハンサムな顔に怒りをたぎらせて言った。「まさに弟のタイプだ。胸が小さくて脚の長い、にせのブロンド美人」なんですって? いったい誰のこと?思いがけない侵入者の侮蔑的な言葉に憤慨し、男をにらみつける。だが目が合った瞬間、ルーシーは茫然となった。なんて青い瞳。吸い込まれてしまいそう……。怒りも忘れ、彼女はその場に立ちつくした。■セクシーなストーリーを軽妙な会話で描くのが得意なキム・ローレンス。今作のヒロインは、いきなり家に侵入してきた男性に恋をしてしまうルーシーです。2度と恋などしないと心に誓っていた彼女が、好きになってしまった相手はよりにもよってプレイボーイだという噂で……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸車

2
両親の離婚で離れ離れに育ったヒーローとその弟。いろいろな葛藤はあるんだろうけれど、ヒーローが大人になっている弟に対して過干渉であることは間違いなく、それをヒロインにずばり指摘され怯む箇所があった。赤毛でグラマーな姉とヒーロー弟が恋に落ち、ブロンドでスレンダーなヒロインはお節介にもふたりを引き裂こうとやってきたヒーローと出会い、惹かれあう。頭の回転が速いヒロインが上から目線のヒーローに負けず言い返しているので、小気味いい。ヒーローの八歳の息子がヒロインに母親になってと大真面目に口説くシーンが可愛かった。2014/01/27

くろうさぎ

1
ヒーローはちょっと過保護ですね。弟の為にヒロイン姉に会いに来たなんて、、ヒーローの家政婦?が嘘をついた理由がよくわからないんですが、、ただヒロインを気に入らなかったから?

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/411323

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。