角川文庫<br> パイロットフィッシュ

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
パイロットフィッシュ

  • 著者名:大崎善生
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • KADOKAWA(2011/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043740017

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない?。
午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。
受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。
記憶の湖の底から浮かび上がる彼女との日々、世話になったバーのマスターやかつての上司だった編集長の沢井、同僚らの印象的な姿、言葉。
現在と過去を交錯させながら、出会いと別れのせつなさと、人間が生み出す感情の永遠を、透明感あふれる文体で繊細に綴った、至高のロングセラー青春小説。
吉川英治文学新人賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

228
別れを テーマにした 僕と由希子の 青春の物語である。19年の年月を超えた 二人の物語は 清冽で なぜか懐かしい。 村上春樹の世界にも どこか似て、 二人の間は 脆く 危うげで、あっけない別れが 妙に心に痛い。記憶の残像に縛られながら、 今を生きる僕…そして 19年ぶりの再会は …青春の思い出をさらりと 描いた、二人の 恋の物語だった。2018/10/29

ちょこまーぶる

143
記憶って本当に厄介な物で、忘れてしまいたい事を自分の意志とは別にしっかりと脳に焼き付けてくれちゃうんですよね。人が生きていくうえでの苦悩というか試練という奴は記憶が操作できれば、どれほど生きていくことが楽になるのか・・・だけど、生きているっていう実感ていうものは、そういう苦悩とか試練があってこそ何でしょう。難しいですね。考えさせられた一冊でしたが、好きな作家さんの一人です。2013/04/27

おしゃべりメガネ

141
およそ9年ぶりの再読でしたが、改めてこんなにステキな作品だったとはというのが、正直な感想です。初めて読んだトキも「いい作品だなぁ」と漠然には思いましたが、年月を経て、改めて読み返すと色んな場面の描写やセリフ、文章がココロに優しく刻まれます。作風としては、村上春樹さんをわかりやすく、読みやすくしたような感じで出てくる登場人物が、とても魅力的です。ハッピーな作品なのかと問われると、正直解釈はバラバラになるかと思われますが、私は好きな読後感で『一度出会った人間は、二度と別れることはできない』が好きな文章でした。2020/05/14

110
静かで、どことなく結構孤独な感じの主人公が出てくることが多いですが好きな作家さんです。文章に表れる情景がとても美しいです。

しのぶ

101
題名の意味は最初の方に出てきて成程と。その題名が最初から最後まで効いている小説は意外と少ない様に思える。人物の感情を文章にしている所が多いせいか、考えさせられそうなずっしりとした重さの割には、自分は結構さっぱりいけたかも。今自分に迷いが無いから?(笑2018/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。