幕末あどれさん

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,007
  • Kinoppy
  • Reader

幕末あどれさん

  • 著者名:松井今朝子
  • 価格 ¥800(本体¥741)
  • PHP研究所(2011/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

黒船の重い砲声によって切って落とされた維新の幕。その舞台の上では、時勢に翻弄されるアドレサン(adolescent:フランス語で青春期の男(女)子の意味)たちのさまざまな人生が演じられる。久保田宗八郎は旗本の次男坊。ひょんなことから講武所通いの生活を捨て、芝居の立作者に弟子入りする。身なりは町人風に馴染んでいくのだが、己の体内を流れる武家の血はどうしても抜けきらず、その狭間で葛藤しつづける。一方、同じく旗本の次男に生まれた片瀬源之介は、養子先がすんなり決まり順風満帆の生活が約束されたかに思えたが、予期せぬ兄の出奔、また彼自身、徳川家への忠誠から日本初の陸軍へ志願するなど、彼の人生もまた社会の急激な変化に大きく揺さぶられるのである。複雑な時代背景を巧みに織り込みながら、歴史の巨大なうねりに翻弄される二人の若者の生き方を見事に交差させ、青春の鬱屈をいとおしさを込めて描き上げた大作である。