文春文庫<br> 鬼火の町

個数:1
紙書籍版価格 ¥618
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
鬼火の町

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥611(本体¥556)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • 【Kinoppy】文藝春秋 時代小説フェア ポイント30倍!(~2/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167106911
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

花のお江戸は天保時代の、ある朝のこと。大川(隅田川)に厚い霧がたちこめる中、亡霊のように漂う一艘の釣舟があった。やがて二人の男の水死体が流れ着く。川底をさらうと豪華な女ものの煙管(きせる)が見つかった。いったんは事件を任された岡っ引・藤兵衛だが、聞き込みをはじめると、八丁堀の同心からやんわりと圧力がかかる。お上に関係のある事件か? 反骨の藤兵衛を助ける颯爽の旗本・釜木進一郎、無気味な寺僧、大奥に棲む女たちを配してくり広げられる、長篇時代推理!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

117
松本清張の時代小説は初めて読んだ様な気がする。時代背景と云い登場人物や人間関係等、流石に巧い。十手を返しても事件を追う親分・藤兵衛と協力者の旗本・釜木が好い。十手を返させた同心の動きが敵役として憎いのだが、本当の悪は大物が控えていたー無人の釣り船や乗っていた二人が死体となって流れ着く事が何処へどう繋がるのか、かなり前の作品なのだが、最後まで飽きさせずに読ませてくれる。なるほどいろんな奴らの思惑が鬼火となっていたのだなぁ。2017/12/26

NAO

76
松本清張の時代劇ミステリ。岡っ引きが溺死事件を調べていたところ、突然上司の北町の定町廻同心の態度が激変。権力をかさに着た巨悪のやりたい放題。その身勝手さにへつらう者と、正義をまっとうしようとする者。悪の構図は、昔も今も変わらない。2019/08/15

しんた

9
かげろう絵図で勢いつけて読んだ。夜のジョギングコースだった向島、蔵前、両国沿いの隅田川にドザエもんが多く流れ着いていた事に戦慄。著者の刑事ものを岡っ引きに差し替えただけの気がするが、まあ面白かった。2015/08/13

タツ フカガワ

4
隅田川で町人ふたりの水死体が発見される。探索に当たったのは駒形の御用聞き藤兵衛。まもなく事件の影に、幕閣にも大きな影響力を持つ中野碩翁の名が上がるが、同じころ八丁堀の同心から探索中止を命じられる。『かげろう絵図』で大奥を舞台にとてつもない陰謀を企んみ、その巨魁ぶりがやたら魅力的だった中野石翁が登場するが、本書はサスペンス&ミステリー度が濃く、一気に読み終えました。今回は悪役同心、川島正三郎がすごくいい。2016/10/31

ちゃかぱん

4
終章の語りによる唐突な謎説きに疑問を感じたものの、解説を読み納得。といっても半七捕物帳は未読なのでわからない。2015/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。