カリスマ体育教師の常勝教育

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

カリスマ体育教師の常勝教育

  • 著者名:原田隆史【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2015/03発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822243616

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

大阪の荒れた公立中学から7年間で13回もの陸上日本一を生んだカリスマ体育教師・原田隆史。驚異的な勝利の裏には、「緻密な目標設定」「マジメを教える態度教育」「できることの継続」からなる独自の「心づくり指導」がありました。原田式指導は、教育者だけでなく企業経営者にも熱烈に受け入れられ、大手外食チェーンなどでは、社員のやる気創造に劇的な成果を生んでいます。本書はその方法論を子どもたちへの指導や企業研修などのエピソードを織り交ぜながらまとめたもの。子育ての指針となるだけでなく、部下の人材育成、やる気創造に悩むマネジャーや経営者にも是非おすすめしたい一冊です。

目次

第1章 普通の子が一番になる
第2章 子どもたちの心を作る(目標設定で心を使う…Plan 心をきれいにする態度教育…Check やり切りで心は強くなる…Do 日誌指導で心を整理する…See 心を広げるチーム作り…Share)
第3章 大人たちの心を磨く(三分間作文で心の殻を破れ…大学生改造計画 仕事と思うな人生と思え…大手外食チェーンでの自立型リーダー育成 リーダーよ、理念と同志を持って闘え…大阪・教師塾の実践)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

竹城 俊之介

35
ドラマに出てくる熱血教師は実在する!カリスマ体育教師原田隆史さんの本は、熱いドラマと理想と人情にあふれてる。荒れた中学を変えた男の戦い。「目標設定→徹底的に書く→徹底的にやる」シンプルながら教育現場で何度も何度も改良を重ね洗練された技術。渡邊美樹さんの「夢に日付けを」との類似性を感じてたら、渡邊社長との出会いが登場。ドラマがスゴいな。評判は色々ある渡邊さんですが、目標達成の理論と信念は相通じる物があります。 礼儀、皿洗い、靴を揃える、、古く見えるやり方ですが、心の教育って大事だなと、おじさんも思いました。2020/11/23

デビっちん

8
「心>技・体」、こころがあれば何でもできる。書くことがイメージを強化し、こころを高める。書くことは思考そのもの。こころが乱れると、気づき力も弱まる。主体変客を促す前に、態度教育。ここまで本気で生徒に接している先生には出会ったことがない。とにかく熱い!著者のこころ作り指導は、思いがあって、行動があって、それをやり切るためのプログラム。やり切るからこそ、習慣に変わり、人格、運命まで変わる。タイミング・イズ・マネー。今やれることは、いますぐやらなければならない。自立するために今必要なことは?2015/08/09

みんと

7
強い理念を持ち、目標に向かって一直線という熱血教師の教育法が凄い。実際、陸上部を日本一まで持っていった実績がある。陸上は人生、試合は人生経験であると生徒に教え、皿洗いを毎日続けさせたりもする。目標設定にも技術が必要で、そのノウハウを細かに伝授し、真面目にやることの大切さをモットーに生徒たちもぐんぐん力を伸ばす。揺るぎない教育方針を持つ教師に出会えれば、子ども達も自然に変わってゆくことができるのだと感じた。2010/08/08

ずんず

5
【子供の自立に】 たった一人の教師の行動が学校全体を変えることに驚きます。中学生の姉弟で弟のために自分は高校になったらバイトして弟に陸上をやらせてあげるなど、自立感が尋常ではないです。 教育の方法が数多く書かれているので、いくつかピックアップして試してみます。2021/06/21

たかぴ

4
再読。心の教育がとにかく一番大事である。大きな目標を持つ。ついては何のために生まれてきたかを見つけると凄い成長を得ることが出来るかもしれない。毎日の継続が大事である。初読時より靴をそろえるようにしたが今回は布団をそろえることを始める。自分自身は読んで少しでも行動に移しているので成長していると思う。ありがとう!が、小学2年の子供に教えるのにまず妻と意見の食い違い。そして毎日同じことで注意する、いや怒ってしまう。子供に対してのどう教育していけばいいのかを見失っている。2019/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/516998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。