インターネットの不思議、探検隊!

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,090
  • Kinoppy
  • Reader

インターネットの不思議、探検隊!

  • ISBN:9784811807515

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

だれもが知ってるようで知らないインターネットの仕組みと本質、その未来。不思議の国を探検しながら、その謎が次々に解明されていく。これからのネット社会を生きる子どもから大人まで、ワクワクの絵本よみもの。

目次

第1章【インターネットの不思議】   プロローグ   インターネットで助かった   探検隊の結成   コラム 災害とインターネットの話第2章【デジタルの不思議】   デジタルってなに? 食べられるの?   デジタルは正確に伝わる   デジタルは効率よく伝わる   コラム 人間とデジタルの話第3章【コミュニケーションの不思議】   ヒトとイヌ、ことばは通じる?   コミュニケーションにはルールがある   コミュニケーションには層がある   コラム IPアドレスの話第4章【ネットワークの不思議】   ちょっとした冒険   ネットワークの鉄道モデル   インターネットは保証しない   コラム インターネットの模型の話第5章【自律分散システムの不思議】   信号のない交差点   両はしが頭がよい   中心がなくてもだいじょうぶ   コラム インターネットの成り立ちの話第6章【どこにでもある不思議】   インターネット自動車   不思議の国の子どもたち   どこでも、だれでもインターネット   コラム インターネットの進化と可能性の話第7章【セキュリティの不思議】   どっちがほんもの?   暗号と秘密   ふたつの鍵と、秘密の箱   コラム インターネット時代のセキュリティ管理の話第8章【はじまりのおわりの不思議】   空港でびっくり   不思議の国からの旅立ち   エピローグ~新しい探検をはじめよう!   コラム 人と地球とインターネットの話

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R指定

0
インターネットをめぐる、あっちゃんこたちの冒険の話。物語を通じてインターネットとはどのようなものなのか?社会をどれだけ面白くし、一人の人間の人生をどれだけ豊かにするのかが解説されている。SFCの村井のおっさんが書いた子供でも読める本。 是非ともITでどんどん世界が豊かになっていただきたいのだが、現実的に見て日本という国の閉鎖的な現状や学校教育、会社や社会のクソみたいな風潮を見る限りネットの力を最大限に活用して社会を豊かにしていく事は難しいかもしれないと思ってしまうのが残念。2015/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1115414

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。