国を語る作法 - 勇の前に知を

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

国を語る作法 - 勇の前に知を

  • 著者名:渡部昇一
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,019)
  • PHP研究所(2003/05発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

戦後日本という言語空間は、新聞・テレビなど、さまざまな報道メディアによって、「嘘」で満たされてきた。自虐史観も、日本悪玉論も、日本国憲法絶対論も、国連正議論も、すべてはその産物である。これらすべてに、騙されるのはもうやめよう! 日本にとって正当とみなされる視点から国を語る姿勢こそが、今、最も必要である。国は不況では滅びない。国民精神の衰退が真に国を滅ぼして行くのである。日本人にとって誇りに満ちた国家観・愛国心を健全な形で育成することこそが、世界情勢不穏な現代にとって急務であろう。欺瞞に満ちた現代日本を憂うる著者が、久々に放つ、激辛最新評論。

目次

序 正直と嘘
1 「植民地支配」という嘘
2 「強制連行」という嘘
3 八百万の神と日本のナショナリズム
4 ナショナリズムの系譜
5 日本を襲った二つの黒い雲
6 愛国心を抑えつける嘘
7 子供たちに虹を見せる歴史教育を