小学館文庫<br> 入江泰吉 万葉花さんぽ(小学館文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥921
  • Kinoppy
  • Reader

小学館文庫
入江泰吉 万葉花さんぽ(小学館文庫)


ファイル: /

内容説明

奈良大和を愛し、半世紀近く撮り続けた写真家・入江泰吉は、『万葉集』を学ぶことで古代の人々と花との深い関わりを知り、その美しさを再発見して「花は究極の美」であると考えるようになった。彼がファインダー越しに捉えようとした万葉びとの心に、日本文化の碩学・中西進のエッセイで迫る写文集。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

萌え出づる春(春の訪れ 馬酔木の大和 春の花―梅と桜 斑鳩の春 水と女)
夏野ゆく(夏の花 紫草 剣の池の蓮葉)
入江泰吉エッセイ(万葉の花を訪ねて 万葉大和路)
秋立ちぬ(萩のふるさと 高円の秋 秋の花 もみじ)
冬ごもり(冬の花 吉隠陵 つらつら椿 春のあし音)
花のいのちを捉える入江作品