教科書に書かれなかった戦争<br> バターン 遠い道のりのさきに

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,970
  • Kinoppy
  • Reader

教科書に書かれなかった戦争
バターン 遠い道のりのさきに


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本軍は1941年12月、米比軍の捕虜をバターン半島において約100キロ行進させ、多くの死者をだした。生き残ったアメリカ兵レスター・I.テニーが体験した物語である。

目次

B中隊との兵役
奇襲
バターン陥落
行進
最初の収容所
ゲリラとの生活
バターンへもどって―労働へ
カバナチュアン
悪夢の船
炭坑〔ほか〕