PHP新書<br> おやじ論

個数:1
紙書籍版価格 ¥734
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
おやじ論

  • 著者名:勢古浩爾
  • 価格 ¥650(本体¥602)
  • PHP研究所(2003/03発売)
  • 4/23はサンジョルディの日!PHP研究所×Kinoppyが選ぶ!大切なあの人に贈りたいのはこんな本
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

滑稽、不潔、自分勝手…日本列島、口を開けば「おやじ」批判の大合唱。
だが、全ての中年男が、愚劣な「おやじ」であるわけではない。
風采があがらず、大した出世もせず、セクハラもせず、ただ毎日黙々と仕事をこなす。
そんな哀愁漂う姿こそ中年の鑑ではないのか。
本書では、「まぬけおやじ」群の生態を辛辣に描く一方、実直な「ふつう中年」にとっての「真実」を探り、がんばる彼らに静かなエールを贈る。
体力減、離別、定年…不安が尽きない中年期の生き様を真摯に考察した、痛快「おやじ論」。
その悲喜劇を舌鋒鋭く論考した、最強の中年論。

言い訳でも、自己弁護でもない。ふつう中年が書いた、悲しくも愉快な「おやじの真実」。痛いけど、なぜだか生きる勇気が湧く一冊。

滑稽、不潔、自分勝手……日本列島、口を開けば「おやじ」批判の大合唱。だが、全ての中年男が、愚劣な「おやじ」であるわけではない。風采があがらず、大した出世もできず、セクハラもせず、ただ毎日黙々と仕事をこなす。そんな惨めで哀愁漂う姿こそ中年の鑑ではないか。

▼本書では、「まぬけおやじ」群の生態を辛辣に描く一方、実直な「ふつう中年」にとっての「真実」を探り、がんばる彼らに静かなエールを贈る。体力減、離別、定年……不安が尽きない中年期の生き方を「ふつう中年」である著者が、真摯に考察。

▼(目次)一.世のなかを見てしまった者 二.中年はつらいよ――団塊の世代はアホか 三.「おやじ」を笑え――まぬけ中年群像 四.中年男に魅力などあってたまるか 五.これが中年の生きる道、か 付録 「おやじ本」二十三番勝負

▼話題作『まれに見るバカ』を凌ぐ笑いあり、『こういう男になりたい』にも負けない渋さも備えた、最強の「おやじ論」。

●第1章 世の中を見てしまった者 
●第2章 中年はつらいよ――団塊の世代はアホか 
●第3章 「おやじ」を笑え――まぬけ中年群像 
●第4章 中年男に魅力などあってたまるか 
●第5章 これが中年の生きる道、か

目次

第1章 世のなかを見てしまった者(中年期は下降する思春期である;世のなかとは大体こんなもんだ ほか)
第2章 中年はつらいよ―団塊の世代はアホか(「おやじ」という呼称で十把一絡げか;失業、定年、仕事をどう考えるか―「辞めてはいけない」「辞めてよかった」 ほか)
第3章 「おやじ」を笑え―まぬけ中年群像(「おやじ」を笑う前の注意書き;まぬけ中年の生態分類 ほか)
第4章 中年男に魅力などあってたまるか(『黄昏流星群』が身にしみる;「おとなの恋愛」批判 ほか)
第5章 これが中年の生きる道、か(人生の秋;定年後なにをするのか―「人生の楽園」? ほか)