正義の喪失 - 反時代的考察

個数:1
紙書籍版価格 ¥699
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

正義の喪失 - 反時代的考察

  • 著者名:長谷川三千子
  • 価格 ¥600(本体¥556)
  • PHP研究所(2013/11発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

本書は「不思議な本」である。丸山真男氏の『「文明論之概略」を読む』を引きながら、「日本研究」のあり方を論考した第四章「難病としての外国交際~『文明論之概略』考」を発表したのは昭和六十二年。第六章の「フェミニズムといふ病理」にいたっては、男女雇用機会均等法が盛んに議論されていた昭和五十九年の論文である。しかし、平成も十五年を数える現在、収録されているどの論文を読んでみても、一向に「古さ」が感じられない。そこが、実に不思議なのである。この不思議さを醸し出している理由はただ一つ、表題にもなっている「正義」について、そのほかの「外交交際」「ボーダーレスエコノミー」「フェミニズム」などについての論考が、その時の時流に流されず、軸がぶれることなく、著者の思考が一貫しているからである。副題を「反時代的考察」としは、著者の意図を表明といってよいだろう。時流に流されぬ論考。まさに文明論の王道を往く一冊だ。

目次

第1章 正義の喪失<br/>第2章 国際正義の罠―日本人にとつての湾岸戦争<br/>第3章 われわれの正義はどこに?<br/>第4章 難病としての外国交際―『文明論之概略』考<br/>第5章 ボーダーレス・エコノミー批判<br/>第6章 フェミニズムといふ病理