角川文庫<br> 恋愛中毒

個数:1
紙書籍版価格 ¥691
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
恋愛中毒

  • 著者名:山本文緒
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • KADOKAWA(2011/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041970102

ファイル: /

内容説明

もう神様にお願いするのはやめよう。――どうか、どうか、私。これから先の人生、他人を愛しすぎないように。他人を愛するぐらいなら、自分自身を愛するように。哀しい祈りを貫きとおそうとする水無月。彼女の堅く閉ざされた心に、小説家創路は強引に踏み込んできた。人を愛することがなければこれほど苦しむ事もなかったのに。世界の一部にすぎないはずの恋が私のすべてをしばりつけるのはどうしてなんだろう。吉川英治文学新人賞を受賞した恋愛小説の最高傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

322
これはっ!ものすごい恋愛小説を読んでしまった。うんうん、わかるよ、そうなんだよねぇ、と主人公に寄り添いながら。恋愛相手の「娘」に嫉妬してしまったり、そうそう息子じゃない、娘なんだよ!とか( ´艸`)私自身は、幸い恋愛相手をストーキングしたことはないですが(当たり前か?笑)でも、ひとつ間違ってたら、そうなっちゃってたかも、という素質は、恋愛中のきっと誰にでもあるわけで。いやー、朝っぱらからずんっと重い恋愛小説、堪能しました。山本さん、さすがだなぁ。2016/02/23

hit4papa

170
妙齢の女性がはまり込んでしまった恋愛事情を描いた作品です。タイトルからは、次々と男性遍歴を重ねるような印象を受けますが、さにあらず。たった一人の男に、どっぷりと浸かった女性が主人公です。自己顕示欲が強く、自己中心的な男に魅入られてしまった主人公。妻や愛人たちの存在に感情は沸騰していきます。病んでいると言ってもよい恋愛の底辺感が、不快ぎりぎりの土俵際まできてしまいました。ただ、場面転換が多く、てんこ盛り感が否めません。帯にあるような、”衝撃”といった煽り文が適切かというと、どうかなぁ・・・2019/12/16

ゴンゾウ

110
離婚を経てもう二度と恋愛をしないと決めていたのに。心の準備もできない内に相手に踏み込まれて避けていた恋をしてしまう。そこから先は決して引き返せない。中毒にかかることを知っていたのに。苦しすぎる。2018/10/06

りゅう☆

96
元夫が忘れられない。人を愛さず静かに一人で生きることを決めた水無月の心にスッと入り込んだ小説家創路。妻がいて何人も愛人がいる。彼にのめり込んではダメだ。分かってるんだけど、気持ちは抑えられないし、必要とされれば期待する。創路って本当に女心扱いが上手だ。水無月の恋愛気質は確かに一緒にいて苦しくなる。俺を見るなって。こんなこと言われたら立ち直れないよ。ただ愛してる。自分の気持ちや行動を抑える術を知らない水無月が憐れ。まさにタイトルそのもの。そして読んでる最中に山本さんの訃報を知った。ご冥福をお祈りいたします。2021/10/21

団塊シニア

96
主人公水無月離婚の痛手によりもう他人を愛しすぎないようにと神に祈るが、まただらしない男に惹かれ愛人として苦悩の日々を過ごす。後半主人公がストーカーだったとわかってくる不気味さはあるが構成、主人公の心理描写、登場人物のキャラクターの描きかたが巧みであり、さすが山本文緒の力作であることは間違いない。2011/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576354

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。