講談社文庫<br> 聖の青春

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
聖の青春

  • 著者名:大崎善生【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 講談社(2014/07発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062734240

ファイル: /

内容説明

重い腎臓病を抱え、命懸けで将棋を指す弟子のために、師匠は彼のパンツをも洗った。弟子の名前は村山聖(さとし)。享年29。将棋界の最高峰A級に在籍したままの逝去だった。名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動ノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞作(講談社文庫)

目次

第1章 折れない翼
第2章 心の風景
第3章 彼の見ている海
第4章 夢の隣に
第5章 魂の棋譜

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

594
感動の質は小説から受けるそれに限りなく近いけれど、これはノンフィクションである。村山聖。職業は棋士。「名人」に就くことを生涯で唯一の目標とした彼の闘いの記録である。29歳。A級1組に在籍(それは名人位の一歩手前ということだ)のまま、彼はその生涯を閉じる。夭折を宿命づけられた村山にとって、将棋の一戦一戦はまさに魂と命とを削るものであった。そんな彼の命を賭けた将棋と、文字通り命そのものが描かれる。将棋には詳しくはないが、それでも大いに惹きつけられるものがあった。光芒という言葉は彼のためにあったのだろうか。 2019/05/30

遥かなる想い

495
東の天才羽生に対して、 西の怪童村山と呼ばれながら、 病のため29歳で、その人生 を閉じた天才棋士の物語で ある。 5歳で発病し、そのどうしようもない 自分の中にある宿命と闘い ながら、将棋に希望を 見出だし、奮闘する様が 痛々しい。森と村山師弟が 見た夢とは何だったのか。 奨励会という将棋の天才 たちがしのぎを削る場で 勝ち上がっていく村山が 見たものは…そして 届かなかった夢とは 裏腹に、その純粋な 想いのようなものがいつまでも 心に中に残る、人生だった。 2015/11/23

ミカママ

328
聖の狂気がかった生き様に圧倒されました...が、それに振り回されていた周囲が少し気の毒な気も。作中の、彼の人間臭いセリフが救いでした。2016/11/30

yoshida

276
幼少期にネフローゼを患った村山聖。病床で父と指した将棋をきっかけに、聖はプロ棋士、そして名人を目指す。長くは生きられないことを自覚している聖の将棋は、まさに命懸けであり最後まで諦めない。プロ棋士の階段をかけ上がる聖の前に並び立つ谷川と羽生、そして病魔。時間が限られている自覚から、将棋も私生活も純粋で真っ直ぐなのだ。A級棋士に登り詰め、これからという時に聖を病魔が襲う。29才で村山聖は世を去る。彼を取巻く家族や森師匠の温かさに胸が動く。3月のライオンの二海堂君のモデル。生き急いだ怪童。しかし濃密な人生だ。2015/11/03

ビブリッサ

272
勝ち=生。負け=死。と、棋士の間では普通に会話に出るようだ。盤上の格闘技の世界で、大きな流れ星のように光って消えた村山聖の生涯。大病を抱えての一局は、まさに命を削る行為だったはずだ。人懐こいかと思えば、我儘になり酷い物言いをする聖。行動の一つ一つが若く蒼く痛々しい。そして同時に熱く眩しい。勝ちたいよりも負けたくないという強い感情は、将棋で勝ち上がることによって生を掴みとり、死を捻じ伏せられると思っていたのかのようだ。彼だけの神に彼は祈っていたのかも知れない。彼の棋譜は、彼の血肉、生きた証しとして輝く。2017/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/570043

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。