海の彼方の国へ - 日本をめざす韓国・済州島の女たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

海の彼方の国へ - 日本をめざす韓国・済州島の女たち

  • 著者名:呉善花
  • 価格 ¥1,300(本体¥1,182)
  • PHP研究所(2012/12発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569620862
  • NDC分類:367.221

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

済州島は、朝鮮半島から約80キロメートル、日本の対馬から約240キロメートル離れた海上に位置する、人口約54万人の島である。深く韓国に根をおろしているが、この島独特の雰囲気があり、気候、風光、ことば、生活様式など、すべてが本土とどことなく違っている。本書は、「海女の島」といわれる済州島の女性たちの生きざまを通じて、「もう一つの韓国」の実像に迫るノンフィクションである。独立心、労働意欲が高く、結婚、出産後も仕事をやめない。彼女たちのことを著者は、「世界でいちばん強い女たち」と表現する。彼女たちのあいだには、それを描く著者を含めて「日本をめざす」というテーマが根強くあるのだという。その生きざまはいずれも、現在の日本では「特異な苦労話」に属するのかもしれない。だが、同時に伝わってくるのは、われわれ日本人が過去に置き忘れてしまった「何か」である。ベストセラー『スカートの風』の著者が描く意欲作。

目次

はじめに 日本という国の「なつかしさ」
第1章 済州島海女の世界
第2章 ムンジャの純情
第3章 磯辺の光景、海辺の神々
第4章 日本の海で潜る済州島海女
第5章 女が仕切る島
第6章 在日済州島人の話
終わりに ある姉妹校の交流から