角川文庫<br> 「忙即閑」を生きる

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
「忙即閑」を生きる

  • 著者名:大岡信
  • 価格 ¥539(本体¥490)
  • KADOKAWA(2014/01発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

憩いの時と多忙な時は互いに浸透しあっているように思うという大岡氏の現代詩と芸術への思い、古典への誘い、芸術家たちとの温かい交流、外信部記者のころの出来事――。ことばと人、芸術をめぐる大人のエッセイ集。

目次

忙即閑でありたい(忙即閑でありたい 古典というのは何だろう ほか)
日本語と日本文化(日本文化とフランス人 「落丁」がうまる歓び ほか)
雨中の大噴水(フレーフレー 雨中の大噴水 ほか)
ものに生き芸術を生きる(大悟の人の強靭な精神活動 八十過ぎて新しき詩人 ほか)