医療ミス―娘の命を奪われた母親の闘い - 娘の命を奪われた母親の闘い

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

医療ミス―娘の命を奪われた母親の闘い - 娘の命を奪われた母親の闘い

  • 著者名:久能恒子
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 文園社(2001/06発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

患者が医者を選ぶ時代。ほんとうにこの医師で大丈夫なのか!
娘が17歳の時亡くなって9年。地方の開業医師夫婦は過ちを認めず隠そうとする主治医を訴えた。娘が手術を受けてから死にいたるまでの間、主治医たちによって家族は地獄のような体験を強いられる。事実経過をありのまま残しておかなければと、今も闘いつづける。
作家・佐木隆三氏の裁判傍聴記も収録!

目次

第1章 心なき医療に娘の命を奪われて
第2章 医師と患者の信頼関係
第3章 なぜ医療訴訟が起こるのか
第4章 アメリカの医療事情
第5章 癒される医療を求めて―対談 病気を通して知ること、学ぶこと