インターネットと課税システム

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,860
  • Kinoppy
  • Reader

インターネットと課税システム

  • 著者名:渡辺智之【著】
  • 価格 ¥2,574(本体¥2,340)
  • 東洋経済新報社(2014/11発売)
  • ポイント 23pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

電子商取引への課税について、国際機関ではどのような議論が行われているか、電子商取引への課税はどのような原則で行われるべきかを理論的に整理。日本の対応についても提言。

【主な内容】
第1章 本書の目的と構成

第1部 基本的論点

第2章 情報技術とグローバル化
第3章 電子商取引の課税問題に関する議論の流れ
第4章 課税原則の検討

第2部 国際課税上の論点

第5章 国際所得課税問題
第6章 電子商取引と租税競争
第7章 間接税に関する国際課税問題
第8章 グローバル化への対応

第3部 税務執行と情報

第9章 税務執行上の問題
第10章 テクノロジーの利用
第11章 課税システムと情報

第4部 アメリカ・EU・OECDの動向

第12章 アメリカにおける電子商取引課税問題
第13章 EUの付加価値税と電子商取引
第14章 OECDにおける検討
第15章 結 論

参考資料