中公新書<br> ニュース・エージェンシー - 同盟通信社の興亡

個数:1
紙書籍版価格 ¥950
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公新書
ニュース・エージェンシー - 同盟通信社の興亡

  • 著者名:里見脩
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 中央公論新社(2000/10発売)
  • Kinoppy アプリストア リニューアル記念 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/23)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

瞬時に世界を駆け巡るニュース。その多くはロイター、APなど欧米の報道機関の発信による。情報が国際世論を左右する現状にあって、通信社の役割はきわめて重い。しかし今日の日本には強力な発信力をもつ国家代表通信社がない。同盟通信社は昭和一一年、「日本人自身による情報管理」を夢見て、「聯合」と「電通」の合併から生まれた。悲願達成を前に、宣伝機関へと変質していった歴史を丹念に追い、通信社の使命を問う。

目次

1 通信社誕生(光永星郎と電通;古野伊之助と国際通信社 ほか)
2 大同結盟(電聯競争;国際宣伝戦 ほか)
3 総力戦(戦時報道体制;筆剣一如)
4 報道と宣伝(助成金下附申請;インテグリティー)
5 同盟解体(歴史に残る報道;GHQ対DOMEI)